自転車発電! ロハスサイクル エコライブ 最新情報
メッセージ
歩み
活動について
ホーム
私とエコロジー
Vol.01(2007年4月)
小林 成基 さん (NPO自転車活用推進研究会 事務局長兼理事長)

「自転車と環境」

 環境にやさしい生活をしたい、と思っていても、何をしたらいいのか、いったい何が良いことなのかわからない。それなら、クルマをやめて自転車に乗りましょう。
 人間は一日24時間呼吸しても約1キログラムしかCO2を出しません。クルマは同じ時間で300倍以上の排気ガスをまき散らします。人類が発明した交通機関のなかで、飛行機に次いで新しい最新鋭の技術・自転車。5キロくらいならほんの15分、荷物は積めるし、クルマに比べると7分の1以下のスペースで駐車できる。最近では「寝たきり症候群」や「メタボリック症候群」を防ぐのに効果的で、しかも日常生活にあわせて無理なく使うことができます。
 そんなに環境にも健康にも、交通にも経済にも優れた効果を発揮する「自転車」を、ルールを無視し、マナーを踏みにじって、「迷惑な街の乱暴者」にしていませんか?どうせ、あの臭くて煙ったいクルマに補給するガソリンはどんどん高くなり、やがてお財布と相談しながら使わなければならない「高価な」交通機関になるんです。せっぱ詰まってやるよりも、誰よりも早く新しい自転車ライフスタイルを正しく安全に、かっこよく実践してみましょう。楽しみ方はいろいろ。発電ライブにも大活躍!
 走った距離をCO2換算してみたいと思ったらエコサイクル・マイレージにぜひご参加ください。今すぐ、誰にでもできる「地球環境保全」があなたを待っています。

■NPO自転車活用推進研究会
http://www.cyclists.jp/
「自転車を有効かつ安全な交通手段として機能させるには、各省庁及び自治体の横断的・総合的な政策の確立が必要」との認識に立ち、2000年9月に、学識経験者、マスコミ関係者、自転車愛好家、NPO主宰者、自転車業界関係者等、多彩なメンバーが集まり、(財)社会経済生産性本部が事務局となって発足。
2003年9月には、広く利用者の声を集めるためインターネットサイト「エコサイクル・マイレージ」をスタート。 2006年3月31日をもって社会経済生産性本部から独立し、同年7月12日に特定非営利活動法人としての認証を東京都から受け、NPO自転車活用推進研究会として新しく出発して現在に至っている。

区切り線
私とエコロジー目次に戻る
区切り線
最新情報メッセージロハスサイクルの歩み活動についてホーム
区切り線


ロハスサイクルエコライブ ロハスサイクルエコライブ
  ロハスサイクル実行委員会
Copyright © LOHAS CYCLE ECO LIVE
  inserted by FC2 system